毎度盤古殿をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 
本日は、盤古殿の絶品坦々麺のご紹介です。
坦々麺は、1841年頃、四川省自貢の陳包包というあだ名の人物が考案したいと言われています。「担担」とは、成都方言で天秤棒を意味します。天秤棒の片側に七輪と鍋、もう片側に麺や調味料などを吊るして担いで売り歩いていたことが坦々麺の名前の由来です。中国四川省では、一般的には「汁なし坦々麺」が食べられているようです。これは、もともと天秤棒を担いで売り歩いていた料理であることから、スープを大量に持ち歩くことができなかったため、坦々麺の原型は「汁なし」だったそうです。なかなか面白い歴史を持ったお料理ですね。

盤古殿の坦々麺は、中国四川省出身のシェフが本場の味を再現させています。まずは、坦々麺の具材の調理からご紹介です。
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
豚肉のそぼろと一緒に調理されている食材は、「碎米芽菜(スイミヤーツァイ)」と呼ばれる青菜の芽の漬物です。これは、四川省宜賓の名産です。コリコリとした歯ごたえがあり、四川料理には欠かせない食材です。
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
お客様より、坦々麺とあわせて、上海炒麺、魚翅湯麺のご注文が入りました。中華料理はリズムカルに手際よく調理が進められていきます。
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
横浜、新横浜で坦々麺を味わうのなら盤古殿!本場四川のシェフが調理する絶品坦々麺!
 
仕込みから丁寧に心を込めて手作りされたお料理がお客様の元へと運ばれていきました。
是非、盤古殿で本場中国のお料理を味わってみてはいかがでしょうか。
 
皆さまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。