毎度盤古殿をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 
本日は手作り具材がいっぱい入った「焼き大餃子」のご紹介です。

日本国内で初めて餃子を食べた人物は江戸時代の徳川光圀とされています。亡命していた朱舜水(しゅ しゅんすい)から教わったと言われています。明治時代に餃子を出す中華料理店は存在していて、料理書でも作り方は紹介されています。しかし、当時の呼び方は「チャオツ」など中国の原語の音がそのまま使われていました。当時、「メリケン粉に包んだもの」や「焼いた豚饅頭」などという解説を付けなければならないほど、庶民には縁遠い存在の食べ物でした。日本で一般の日本人が食べられるようになったのは、満州で作り方を習得した人たちが太平洋戦争後に日本で作りだしてからです。ここから薄目の皮を使用した焼き餃子が主流となってきました。日本での餃子の歴史も興味深いものがあります。
 
盤古殿の餃子は、本場中国の職人による全てが手作りです。
とっても上手に餃子の具材がたっぷりと詰め込まれて調理されていきます。
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
この餃子を焼き上げると、とっても美味しい「焼き大餃子」の出来上がりです。外はカリカリ、モチモチっとした餃子の皮で、口に入れるとジュワっと、美味しい肉汁が口の中いっぱいに広がりる人気メニューです。
 
盤古殿の焼き餃子は手作り具材がいっぱい入って食べ応え抜群超特大!
 
是非、盤古殿の「焼き大餃子」を味わってみてはいかがでしょうか。
 
皆さまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。